記念切手「昭和立太子礼記念切手」の買取価格はいくらかを紹介します

福ちゃんで切手買取をしてもらった体験談

昭和立太子礼記念切手の買取

昭和立太子礼記念切手の買取価格はいくら

ここでは、切手買取業者で高く買い取ってくれる切手の紹介をしていきます。今回は、”儀式のかんむり”としても有名なプレミア切手「昭和立太子礼記念切手」の紹介をしていきますので、昭和立太子礼記念切手の買取価格はいくらか知りたい場合や、切手買取で昭和立太子礼記念切手を売ろうと思っている方の参考になれば幸いです!

切手買取での「昭和立太子礼記念切手」の買取価格はいくら?

昭和立太子礼記念切手の紹介

昭和立太子礼記念切手とは、昭和天皇(裕仁様)の立太子の儀を記念して作られた記念切手です。そのため「裕仁立太子記念切手」とも呼ばれている記念切手です。 昭和立太子礼記念切手、実は10銭切手が「儀式のかんむり」と呼ばれており、プレミア切手としてとても有名なんです!

もちろん、切手買取でも高い買取価格が期待できるプレミア切手で、一部は使用済み切手であっても買取してもらうことが出来ます。

その買取価格は、なんと10銭切手1枚あたり5万円前後の買取価格が期待できてしまいます!1枚で5万円の買取価値がある切手…もしご自宅から出てきたら、非常にラッキーで貴重な体験ですよね!

昭和立太子礼記念切手は、10銭切手「儀式のかんむり」の他にも、1.5銭切手、3銭切手が発行されています。 この切手はどちらもオシドリの文様が採用されており、1.5銭切手は緑で、3銭切手は赤色を貴重とした印刷色になっています。

1.5銭、3銭の昭和立太子礼記念切手の買取価格は、1枚あたり500円~800円前後の買取価格が期待できます。発行数が多いので、どうしても10銭の儀式のかんむり切手よりも買取相場は落ちてしまうようですが、それでも自宅から見つかれば、かなり嬉しい切手です。

この昭和立太子礼記念切手、実は1.5銭を一枚だけ持っていました。(切手画像は1.5銭の切手です。よく見ると、1と1/2と切手額面が書かれています。)
私が買取してもらった昭和立太子礼記念切手(1.5銭)の買取価格は、1枚で420円の買取価格を付けてもらいました。

もし、見つかった昭和立太子礼記念切手が10銭の「儀式のかんむり」だったら、とっても買取価格は高かったでしょうに…。 切手買取の査定員さんも、「10銭は”儀式のかんむり”といって、とても有名なプレミア切手なんですよ」と言っていたので、きっと切手買取でも、かなり高い買取価格になったんでしょう。

昭和立太子礼記念切手の詳細と切手買取のコツ

昭和立太子礼記念切手の詳細と切手買取のコツ

昭和立太子礼記念切手は、大正5年11月3日に発行されました。実は11月3日は、明治天皇の誕生日にあたります。 10銭の儀式のかんむり切手は、元々発行枚数が86000万枚と、とても少ない切手だったのです。そのため、発行当時から「絶対価値があがる!!」といわれていたプレミア切手でした。

10銭切手「儀式のかんむり」は、青色を主体とした切手で、「空頂黒幘」というかんむりが、「柳葉」という台の上に乗せられているデザインです。あまり見慣れないデザインですが、この冠は実際に儀式のときに皇太子が被るもので、昭和立太子礼と関連ある図柄なんですね。

ちなみに、私が買取してもらった1.5銭の昭和立太子礼記念切手は、切手では日本初となる”3色を用いた印刷”になっています。とても鮮やかな切手で人気も高く、有名な切手であるのがうなずけます。

もし、昭和立太子礼記念切手の10銭「儀式のかんむり」をお持ちであれば、いくつかの切手買取業者で相見積もりを取ってみても良いと思います! 一枚あたり数万円の買取価値を秘めているプレミア切手、やっぱり絶対に高く売りたいですもんね。

ページ上部へスクロール