日本初の記念切手「赤十字条約成立75年記念切手」の買取価格はいくらかを紹介します

福ちゃんで切手買取をしてもらった体験談

赤十字条約成立75年記念切手の買取

赤十字条約成立75年記念切手の買取価格はいくら

ここでは、切手買取業者で高く買い取ってくれる切手の紹介をしていきます。今回は、国際赤十字が出来てから75周年に発行された記念切手「赤十字条約成立75年記念切手」の紹介をしていきます。赤十字条約成立75年記念切手の10銭と20銭切手は、プレミア切手で高い買取価格が期待できる切手としても知られているみたいですよ・・・!

赤十字条約成立75年記念切手の買取価格はいくらか知りたい場合や、切手買取で赤十字条約成立75年記念切手を売ろうと思っている方の参考になれば幸いです!

切手買取での「赤十字条約成立75年記念切手」の買取価格はいくら?

赤十字条約成立75年記念切手の紹介

赤十字条約成立75年記念切手は、日本赤十字社の創立者「佐野常民」氏が切手の意匠になっている切手です。 国際赤十字が出来てから75周年記念にと発行された記念切手で、2銭、4銭、10銭、20銭の4種類の額面が発行されました。

私が買取してもらった赤十字条約成立75年記念切手は、画像と同じ緑色の「4銭切手」でしたが、買取価格は一枚100円でした。 ですが、調べてみれば、赤十字条約成立75年記念切手の買取価格相場、10銭切手と20銭切手はかなり高いみたいです!

赤十字条約成立75年記念切手の10銭切手・20銭切手だと、一枚で700円~1000円近い買取価格が期待でき、切手買取でもプレミア切手として重宝されているみたいです。 ちなみに、赤十字条約成立75年記念切手の2銭切手の買取相場は、4銭切手と同じく、だいたい100円前後の買取価格になるようです。

私の家から出てきた赤十字条約成立75年記念切手は、緑色の4銭切手でしたが、10銭あるいは20銭切手だと、もっと高い買取価格が見込めたみたいですね・・・! ちなみに、赤十字条約成立75年記念切手の20銭の図柄は、4銭切手と同じく「佐野常民」氏が切手の意匠になっていますが、印刷が青色になっています。 同じように見える古切手でも、こんなに買取価格が違うと、切手って奥が深いなぁ・・・と思いますよね。

ここからは、赤十字条約成立75年記念切手の概要についてご紹介していきます。

赤十字条約成立75年記念切手の詳細と切手買取のコツ

赤十字条約成立75年記念切手の詳細と切手買取のコツ

「赤十字条約成立75年記念切手」とは、国際赤十字が出来てから75周年記念に作られた切手です。 赤十字条約成立75年記念切手のデザインは、4銭切手・20銭切手は日本赤十字社の創立者「佐野常民」氏の肖像画で、2銭・10銭の切手は、「地球と赤十字」が切手の意匠に使われています。

赤十字条約成立75年記念切手は、昭和14年(1939年)11月15日に発行されていて、10銭と20銭の発行枚数が少ないのがポイントです。 発行枚数が少ないから出回る数も少ない=希少価値が高く、切手買取業者での買取価格も高くなるんですね。

赤十字条約成立75年記念切手は、バラ切手ではなく、4種類揃った状態だとコレクションとして評価されることがあり、その際は更に高い買取価格も期待できます。

日本赤十字社の創立者「佐野常民」氏は、日本での西南戦争の惨劇を見て、救護を始めます。その際、敵・味方関係なく助けていった姿勢が、現在の日本赤十字社の成り立ちのきっかけだと言われています。

ページ上部へスクロール