記念切手「札幌切手展記念切手」の買取価格はいくらかを紹介します

福ちゃんで切手買取をしてもらった体験談

札幌切手展記念切手の買取

札幌切手展記念切手の買取価格はいくら

ここでは、切手買取業者で高く買い取ってくれる切手の紹介をしていきます。今回は、北海道の札幌で切手展が開かれたときに作られた記念切手「札幌切手展記念切手」の紹介をしていきます。札幌切手展記念切手は、当時使われていた普通切手の図柄を切手シートに流用したもので、当時の切手展関連の記念切手は、この流用手法がメインであったことから、切手愛好家の間ではあまり評判が良くなかったそうですよ。

札幌切手展記念切手の買取価格はいくらか知りたい場合や、切手買取で札幌切手展記念切手を売ろうと思っている方の参考になれば幸いです!

切手買取での「札幌切手展記念切手」の買取価格はいくら?

札幌切手展記念切手の紹介

記念切手の「札幌記念展記念切手」とは、昭和22年に北海道の札幌で、”切手の記念展”が開かれたことを祝して誕生した記念切手です。

日本ではじめての切手展は、1945年に開催された逓信展だそうですが、その2年後に発行された記念切手です。ただ、この頃の切手展関連の記念切手は、図柄を普通切手からそのまま流用しただけだったので、切手愛好家の間ではあまり評判が良くなかったそうですよ。 この札幌記念切手も例外ではなく、切手の図柄には当時の昭和切手のデザインがそのまま使われているそうです。

札幌切手展記念切手の発行枚数は、なんと10万枚しか発行されていません。ですが、今は切手ブームも落ち着いているため、買取相場はいくらくらいになるかといえば、札幌切手展記念切手の買取価格はだいたい500円くらいの買取相場だそうです。 確かに、周りで切手を集めているコレクターさんって、一度も見たことがありません…今はメールやSNSがありますので、切手に触れる機会が少なくなってしまっていますよね。

ですが、1私が買取してもらった札幌切手展記念切手は、一枚で800円の買取価格を付けてもらうことが出来ました!とても綺麗な状態で残っていたことを加味してもらえ、切手買取業者の査定員の方がプラスで買取価格をつけてくれたんです。 札幌切手展記念切手は、白い用紙に単色印刷で、少しのアラでもよく目立ってしまうタイプの切手です。なので状態が良くて綺麗に見えるものは、物によっては買取価値が出てくるとのことでした。

ここからは、札幌切手展記念切手の概要についてご紹介していきます。

札幌切手展記念切手の詳細は?

札幌切手展記念切手の詳細

「札幌切手展記念切手」は、1947年11月27日が発行日で、当時10万枚が発行されたそうです。 札幌切手展は、正式名称を「郵便切手を知る展覧会」といい、通常切手や記念切手、航空切手など、たくさんの切手が展示された展覧会でした。 切手の他にも、切手の歴史や製造の知識を深めることの出来るコーナーもあったそうで、今考えてもなかなか面白そうな切手展覧会ですよね。

札幌切手展には、当時発行されていた普通切手の50銭切手のデザインが、そのまま採用されています。 当時、切手展に関する記念切手は、当時の切手の図柄をそのまま流用したものが多いそうですが、1948年に発行された「大阪逓信展記念切手」や、1947年発行の「京都気切手展記念切手」そして同じく、1947年発行の「東京切手展記念切手」なども同じことがいえるそうです。

今では、人気のあるプレミア切手、あるいは人気のある一部のふるさと切手などが、デザインを少し改変したりして、コレクター向けに再発行されることもあるようですね。プレミア切手として有名な「見返り美人」切手や「赤猿」切手も、同じようなデザインで復刻版や参考品が作られたそうですよ。

ページ上部へスクロール