記念切手「満州国成立十年記念切手」の買取価格はいくらかを紹介します

福ちゃんで切手買取をしてもらった体験談

満州国成立十年記念切手の買取

満州国成立十年記念切手の買取価格はいくら

ここでは、切手買取業者で高く買い取ってくれる切手の紹介をしていきます。今回は、「満州国成立十年記念切手」の紹介をしていきます。記念切手「満州国成立10年記念切手」は、満州国の建国宣言から10年が経つことを記念して発行された記念切手です。

満州国成立十年記念切手の買取価格はいくらか知りたい場合や、切手買取で満州国成立十年記念切手を売ろうと思っている方の参考になれば幸いです!

切手買取での「満州国成立十年記念切手」の買取価格はいくら?

満州国成立十年記念切手の紹介

記念切手「満州国成立10年記念切手」は、満州国の建国宣言から10年が経つことを記念して発行された記念切手です。 建国宣言が1932年、この満州国成立10年記念切手が発行されたのは1942年のことです。ただ、実権はまだ日本に握られていたそうで、事実上の傀儡政権(外部の政権・国家によって管理されている状態)でした。

満州国成立10年記念切手には、実は1942年3月1日に発行されていた「満州国成立10年1次記念切手」と、私が切手買取で買取してもらった、1942年9月15日に発行された「満州国成立10年2次記念切手」があります。 もともと建国宣言の日は3月1日だったのですが、建国10周年の式典が9月15日になったので、その2回に合わせて発行された記念切手のようです。

ちなみに満州国成立10年記念切手は、日本と満州国両方で発行されたそうです。 私が切手買取業者で買取してもらったのは、満州国成立10年記念切手の5銭切手と20銭切手の2種類です。 買取価格は、5銭切手のほうが50円前後の買取価格で、20銭切手の買取価格は200円だったので、合計で250円の買取価格になりました。

満州国成立10年記念切手の10銭・20銭の切手は、発行枚数がそれぞれ60万枚とそれほど多くなかったんですが、残っている数が多いため、他のプレミア切手に比べればそれほど買取価格は伸びないとのことでした。

「合計で250円?思ったより高くない」と思われた方もいるかも知れませんが、切手の額面から考えると、これは立派なプレミア切手に該当するんです。 例えば、金券ショップなどで「切手を換金」になると、切手の額面によって換金価格が決まるため、5銭切手だと5銭以下の買取価格に、20銭切手でも20銭以下の買取価格になってしまうんです。つまり切手の"換金"では、1円にも満たない買取価値になってしまうんです…!

古い切手を買取してもらう場合は、切手の価値を査定してくれる「切手買取業者」にお任せされることを強くオススメします!プレミア価値が高い切手だと、一枚で何万円もの買取価格がつくことも全く珍しくありません!

私は切手アルバムをまるまる買取してもらったため、もっと買取価値が高い切手が査定の途中でいくつも発見されました。 満州国成立10年記念切手の他にも、古い切手をお持ちであれば、切手買取業者にまとめてお任せするのが楽ちんでしたよ♪

満州国成立十年記念切手の詳細は?

満州国成立十年記念切手の詳細

ここからは、満州国成立十年記念切手の概要についてご紹介していきます。満州国成立10年記念切手とは、満州国の建国から10周年を記念して、日本と満州の両国で発行された記念切手です。

満州国成立10年記念切手は、1942年3月1日に発行された2銭・10銭の「満州国成立10年1次記念切手」と、1942年9月15日に発行された5銭・20銭の「満州国成立10年2次記念切手」が存在しています。 私が持っていた5銭切手の図柄は、両方の国のこどもが並んで歩いている姿で、20銭には花のような模様が紺色で描かれていました。調べてみると、「ラン花紋章」の図柄とのことです。

私は持っていなかったのですが、2銭と10銭の満州国成立10年記念切手には「建国神廟」という、満州国建国の元神”天照大神”を祭祀った施設が採用されたようですよ。

ページ上部へスクロール