日本初の記念切手「明治天皇銀婚記念切手」の買取価格はいくらかを紹介します

福ちゃんで切手買取をしてもらった体験談

明治天皇銀婚記念切手の買取

明治天皇銀婚記念切手の買取価格はいくら

ここでは、切手買取業者で高く買い取ってくれる切手の紹介をしていきます。今回は、日本で初めて発行された記念切手「明治天皇銀婚記念切手」の紹介をしていきますので、切手買取で明治天皇銀婚記念切手を売ろうと思っている方の参考になれば幸いです!

切手買取での「明治天皇銀婚記念切手」の買取価格はいくら?

明治天皇銀婚記念切手の紹介

明治天皇銀婚記念切手は、なんと日本初の記念切手として発行された切手で、額面は2銭・5銭の2種類があります。切手の色もそれぞれ違って、2銭切手は赤色で、5銭切手は青色で刷られています。明治天皇銀婚記念切手は、日本初の記念切手であること、そして昔に発行された切手で綺麗に残っているものは少ないことから、切手買取の分野からも注目されている切手だそうです。

明治天皇銀婚記念切手の買取価格は、状態が良ければ2銭切手でだいたい1万円くらい、5銭切手だと大体2万円くらいの価値があるとのことでした。切手の買取価格は、その切手の状態によってかなり変わってくるので、実物を見て買取査定をすることがとても大事だと言っていました。

明治天皇銀婚記念切手の詳細と切手買取のコツ

明治天皇銀婚記念切手の詳細と切手買取のコツ

実は、この明治天皇銀婚記念切手、私も切手買取で買い取ってもらいました! 切手買取業者での銀婚記念切手の買取価格は、私の場合、2銭切手一枚で約8000円の買取価格でした! 未使用レベルで綺麗な状態だったらもっと買取価格は上がったそうですが、存在を認識すらしていなかったプレミア切手だったので、ラッキー!と思っちゃいましたね。

私が買取してもらった明治天皇銀婚記念切手は、大きな切手アルバム(しかも祖母が集めたもの)に混ざっていたので、こんな買取価値が高い切手があることにすら気付かず…いちおう、切手アルバムはパラパラとめくって見てはいたのですが、買取価値が高い切手が複数あり、ほんとに切手の価値は見た目では分からないなぁ…と思いましたね。

切手買取の査定員さんも、明治天皇銀婚記念切手はけっこう貴重なプレミア切手ですよと言ってくれ、そこそこ状態良く残っていたことも高く評価してくれました。切手の状態が悪いと、この半分以下の買取価格になってしまうこともある、とのことでしたので、切手買取を検討されているなら、切手の保管状態にもしっかり気を付けておくのが良さそうです。

明治天皇銀婚記念切手は、赤色or青色の横長の切手で、真ん中には菊花紋章、そして左右には雄雌の鶴が描かれているそうです。見た目も細やかで綺麗な切手ですが、この明治天皇銀婚記念切手が発行された年はなんと、明治27年!西暦でいえば1894年なので、とても古い記念切手だと思います。

明治天皇銀婚記念切手ですが、プレミア価値の高い切手とのことで、そのまま買取してもらいました。古い切手を売ることで自宅の収納もとても楽になりましたし、切手は湿気にも弱いので、保管しておくだけでダメージが生じておくことも多いらしいです。明治天皇銀婚記念切手のようなプレミア切手が見つかった場合、記念に残されておくのも手!ではありますが、手入れや保管に自信のない方は、高く買い取ってくれる切手買取業者にお願いすることもおすすめします。

ページ上部へスクロール