記念切手「万国郵便連合加入75年記念切手」の買取価格はいくらかを紹介します

福ちゃんで切手買取をしてもらった体験談

万国郵便連合加入75年記念切手の買取

万国郵便連合加入75年記念切手の買取価格はいくら

ここでは、切手買取業者で高く買い取ってくれる切手の紹介をしていきます。今回は、日本が万国郵便連合に加入してから75年を記念して作られた切手「万国郵便連合加入75年記念切手」の紹介をしていきます。万国郵便連合加入75年記念切手は、南十字星がデザインされた5円切手と、北斗七星がデザインされた10円切手の2種類が存在します。どちらも発行枚数は同じくらいなんですが、10円切手のほうが切手買取においての価値は高いみたいです。

万国郵便連合加入75年記念切手の買取価格はいくらか知りたい場合や、切手買取で万国郵便連合加入75年記念切手を売ろうと思っている方の参考になれば幸いです!

切手買取での「万国郵便連合加入75年記念切手」の買取価格はいくら?

万国郵便連合加入75年記念切手の紹介

記念切手の「万国郵便連合加入75年記念切手」は、日本が万国郵便連合に加入してから75年が経過したことを祝って作られた切手です。 切手には「500」「1000」と額面があるように見えますが、実はこれは「5円」と「10円」を意味します。 昔の日本では「円」の他に「銭」という貨幣単位が使われていて、そのときの名残で「00」が表記されていたんですね。

万国郵便連合加入75年記念切手には、5円切手と10円切手の2種類の切手があるそうですが、私は10円切手しか所持していませんでした。

切手買取での万国郵便連合加入75年記念切手10円の買取価格は、一枚でなんと、600円の買取価格が付きました! ちなみに、万国郵便連合加入75年記念切手の5円切手だと、大体300円前後の買取価格が期待できるそうです。

私が持っていた万国郵便連合加入75年記念切手の10円切手は、状態がそこそこ良かったことも高く評価してもらえたのですが、本当に綺麗な状態の万国郵便連合加入75年記念切手10円だと、最大で1000円くらいの買取価格になるようなこともあるみたいですよ!

これが切手買取業者ではなく、例えば金券ショップなどでの”換金”だったらきっと、一枚で10円以内の価格に収まることになります。 古い切手だと価値の高いプレミア切手も多いので、切手の価値を査定してくれるタイプの「切手買取業者」へ依頼されることをおすすめします!

ここからは、万国郵便連合加入75年記念切手の概要についてご紹介していきます。

万国郵便連合加入75年記念切手の詳細は?

万国郵便連合加入75年記念切手の詳細

万国郵便連合加入75年記念切手は、日本が万国郵便連合に加入してから75周年になることを記念して発行された切手です。

切手は1952年2月19日に発行されましたので、万国郵便連合の加入は75年前、つまり1877年に該当します。アジアの中では初めての万国郵便連合加入だったらしいですよ。

ただ、万国郵便連合加盟記念日に制定されているのは”6月1日”なんです。切手の発行日は2月19日だったので、「?」と思って調べてみました。 なんでも、本来の万国郵便連合加盟記念日は、1877年2月19日という説もあるらしいんですよ。切手の発行日と同年同日ですね。 ですが、戦争していたときに一時脱退したらしく、再加盟した日が6月1日になったので、そちらが記念日として浸透したみたいなんです。

万国郵便連合加入75年記念切手は、5円切手と10円切手の2種類があります。 5円切手には「南十字星」、10円切手には「北斗七星」がデザインされていて、どちらも夜空の星をテーマにした意匠になっています。

ページ上部へスクロール